マーケティングへの応用

システム

解析をするのが鍵

POSは在庫管理や販売管理を行うシステムとして導入する場合もありますが、その本領を発揮するのはマーケティングへの応用を考えたときです。業務を行う上で有用なツールとなるのは確かであり、在庫を確認して発注するためのデータとして利用したり、売上高を計算して帳簿を付けるのに活用したりすることができるでしょう。一般的なPOSシステムではそのための管理ツールが付属しているので、必要なときにプログラムを起ち上げるだけで簡単に在庫や売上高の確認を行うことができます。情報の入力もPOSレジを使用して会計を行い、商品入荷のときにリーダーを使うだけなので機械に弱い人でもすぐに利用できるようになる簡便なシステムでしょう。POSの本領が発揮されるのはデータ解析によって売れる商品を選別し、売れる方法を探るといったマーケティングへの応用です。使い方は通常は簡単であり、やはりシステムに解析のためのプログラムが付属していたり、一般的な表計算ソフトのファイル形式で出力できたりするようになっています。いつどの商品がどれだけいくらで売れたのかという情報が残されているため、これを解析してマーケティング戦略を立てることができるのです。ある商品に着目して値段を変えたときに売れるようになって利益が増えたのか、チラシを配布したときにどの商品がどれだけ売れたのかといったことを解析してみると、マーケティング手法として何が効果的なのかが一目瞭然になるでしょう。